「いい人がいない」という女ほど何もしていない説に異論ある?

男女問わず、誰でも一度はこのフレーズを使ったことはあるでしょう。

「いい人いないかな〜?」

今回はこのワードがどれだけ無駄で生産性のないものかをご紹介していきます。

「いい人」ってどんな人?抽象的かつ具体的すぎる問題

「いい人いないかな~」と言いながら合コンを重ねたり、何かのパーティに参加して人脈を広げたとしても、ターゲーットが絞れていない限りは遠回りです。
ですがそういう女に限って

「好きなタイプは~…イケメンでなくてもいいけどブサイクじゃなくて、優しくて、収入のある人、あと筋肉質がいいな♡」

と身の丈を考えろと言いたくなるほどの理想を掲げてくる。

じゃあ最初からそう言いいなよ。

女が「いい人」を使う心理とは?

しかしこれは思考のプロセスの問題です。
共感を得ることで承認欲求が満たされる女性は、抽象的な会話を好みます。

とりあえずどんな料理が出てきても「かわいい~」というあれですね。
具体的に「料理の色合いが華やかで、塩気の少ない素朴さも、素材の旨みを生かした味付けも私好みです」と言っても共感性は低いですよね。

だから女は「いい人」という抽象的な言葉で周りの共感を得ようとするのです。
具体的な理想があるのに抽象的な表現しか使わないから、ターゲットも行動の目的も定まらなくなり恋愛迷路に陥ってしまうのですね。

ちなみに男性は「そうだね」と言っておけばすべて上手くいきます。

具体的な理想が高すぎ!フィルターは可能性を狭くするだけ

先ほどの
「好きなタイプは~…イケメンでなくてもいいけどブサイクじゃなくて、優しくて、高収入、あと筋肉質がいいな♡」という女子あるあるなタイプ。

条件の数が多い時点で、チャンスを減らすツールにしかなりません。

仮に男性を100として検証しましょう。ブサイクでない人はこのうち70とします。
70の中からあなたが優しいと思う人は40くらいでしょうか。
40人のうち高収入、仮に年収1000万の男性とするならば5人、
さらに筋肉質な男性は3人くらい。

つまりあなたのお眼鏡に叶う男性は、この時点で3パーセントしかいないということになります。

条件を揃えて理想を掲げるのは、
いかに男性とのマッチングの確率を狭くしているのかがうかがえますね。

それでも3パーセントの理想の男性に出会う方法

もしあなたがどうしてでもその3パーセントの男性と出会いたいのならば、方法は簡単です。

自分が女性の3パーセントの層にいきましょう。
美女じゃなくてもブスじゃなく、優しい、高収入、ほどよい体つきの女性になるのです。

前提として、医者は医者の娘や医者と結婚しますよね。それは自分と相手の価値観・金銭感覚が似ているからです。

このご時世、男性でも永久的に安定したお給料をもらえるなんて保証はありません。
それなのに自分の収入だけを頼りにしてくる女性と一緒にいるのは、リスクでしかないでしょう。

理想の男性に出会いたかったら、自分がそれに釣り合う女性になるのが一番の近道です。

「いい人がいない」はただの構ってほしいサイン

「いい人がいない」というワードが、いかに抽象的かつ具体的な
曖昧なニュアンスだということがわかりましたね。
つまり女性の「いい人がいない」には特に深い意味なんてないのです。
そうだねと共感してほしいがための構ってサインでしかありません。
そんなところで共感を求めてないで行動しましょう。
魅力的な女性は人をフィルターで判断することなく、そんなことに共感を求めるほど暇していません。
いい人いない」と言っている間は何も進まないので、
どんどん行動して自分を高めて、いい人見つけてくださいね。

   

20ASSISTからのお知らせ

裏アシスト開催中!!

裏アシストとは、アシスト編集部・取材者・読者様が仕事について
ぶっちゃけトークをするコミュニケーションの場です。

The following two tabs change content below.
鳥巣愛佳/とりっすー

鳥巣愛佳/とりっすー

ASSIST編集長。早稲田大学商学部卒、競技エアロビックはじめダンス歴17年の経験を生かし4~90歳の運動指導に従事。女性のためのヘルシービューティをプロデュース。 2014年インターナショナルエアロビックチャンピオンシップ日本代表。 2015年学生エアロビック選手権優勝。 フィットネスウエアブランド「CLAP」ライダー。 複数のウェブメディアを立ち上げ13億円のメディア売却事業にも携わる。

ABOUTこの記事をかいた人

鳥巣愛佳/とりっすー

ASSIST編集長。早稲田大学商学部卒、競技エアロビックはじめダンス歴17年の経験を生かし4~90歳の運動指導に従事。女性のためのヘルシービューティをプロデュース。 2014年インターナショナルエアロビックチャンピオンシップ日本代表。 2015年学生エアロビック選手権優勝。 フィットネスウエアブランド「CLAP」ライダー。 複数のウェブメディアを立ち上げ13億円のメディア売却事業にも携わる。