できる人との違いは?あなたに仕事を任せたい!と思わせる人の特徴9個

どんな組織にいても得する人・損する人はいるでしょう。

「なんであの人だけ」「またあの人だ」

あなたも一度はそういう感情を抱いたことはあるのではないでしょうか。

今回は新卒からフリーランスとして法人・個人とお付き合いをながら仕事をしている私の目線で、
仕事ができる人の特徴をまとめていきます。
(ライター・編集長 とりっすー

チャンスを掴む!できる人には共通点がある

仕事を頼まれる(できる)人は、その時点で与えられるチャンスが多いです。

その与えられたチャンスを生かして学びを経て誰よりも早く成長していくことができます。
では、そういう人たちには共通点はどこにあるのでしょうか?

仕事ができる人の特徴①レスが早い

レスの早さは、決断のスピード、優先順位の付け方がうまい人の現れです。
仕事でもプライベートでも相手を待たせない分、次にまた仕事を頼もうという気持ちにさせてくれます。レスは早いに越したことはありません。

仕事ができる人の特徴②清潔感がある

清潔感は相手への印象のみでなく、自分への余裕の現れです。
どんなに忙しくても、相手と自分に気を配れる人は、信頼を得やすいですよね。
 

仕事ができる人の特徴③気配りができる

気配りのよさは仕事だけでなく、プライベートにも現れます。
仕事での気配りはミスを防いだり相手とのコミュニケーションを円滑にします。
食事や会食においても、さりげない気配りはいい印象を与えます。
相手の印象に残ることは、自分を知ってくれるきっかけにもなり、仕事に繋がることが多いです。
 

仕事ができる人の特徴④お客さんからの評価が高い

信頼とは、その人が与えてきた価値の積み重ねです。
お客さんからの評価は、何よりもの説得力。結果を出せる人にチャンスは回ってきます。

仕事ができる人の特徴⑤健康

健康だということは、日々のコンディションが整っていることです。
大事な日に体調を壊すこともありませんし、メンタルの波で仕事の出来栄えが変わることもありません。
健康的な日々を送っている人は、ライフスタイルが確立されているため思考がクリアになっています。

仕事ができる人の特徴⑥自分を理解している

自分はこういう人間だと知っている人は無駄がないです。
無理なことはやろうとせず、得意なことは伸ばそうとします。
自分に足りないところにも冷静に気づくことができるため、自分自身でPDCAを回し成長していくのですね。

仕事ができる人の特徴⑦恋愛経験が豊富

仕事ができる人は、恋愛経験が豊富です。
付き合った人数や期間というよりは、恋人と濃い時間を過ごしたかどうかが大切です。
人と深く向き合ったことがあるため、
傷つく辛さや喜びも知っていて、人の気持ちを考えることができます。

仕事ができる人の特徴⑧自分の考えを持つ

真面目に上司のいうことを聞くだけでは、それだけで終わりです。
思考しないで仕事を進めていても、自分の成長にも組織の成長にもつながりません。
自分の考えをしっかり持って、伝えることも重要です。

仕事ができる人の特徴⑨遊びがある

人とのコミュニケーションが求められる社会では「遊び」の部分も大事になってきます。
ちょっとした会話にユーモアがあったり、ふざける場面を作ることはその場の空気をよくするきっかけになります。
一緒に仕事をしていて楽しいと思わせられれば、自分も相手も楽しいですよね。

自己理解・コミュニケーション・クリアな思考がポイント

特徴を9個まとめてみましたが、
すべては自己理解とコミュニケーション、クリアな思考が鍵になっています。
チャンスを得て・掴み、成長したい人は意識してみて下さいね。
関連記事:ミニマム&健康な人は仕事ができる?
(ライター・編集長 とりっすー
 

   

20ASSISTからのお知らせ

裏アシスト開催中!!

裏アシストとは、アシスト編集部・取材者・読者様が仕事について
ぶっちゃけトークをするコミュニケーションの場です。

The following two tabs change content below.
鳥巣愛佳/とりっすー

鳥巣愛佳/とりっすー

ASSIST編集長。早稲田大学商学部卒、競技エアロビックはじめダンス歴17年の経験を生かし4~90歳の運動指導に従事。女性のためのヘルシービューティをプロデュース。 2014年インターナショナルエアロビックチャンピオンシップ日本代表。 2015年学生エアロビック選手権優勝。 フィットネスウエアブランド「CLAP」ライダー。 複数のウェブメディアを立ち上げ13億円のメディア売却事業にも携わる。

ABOUTこの記事をかいた人

鳥巣愛佳/とりっすー

ASSIST編集長。早稲田大学商学部卒、競技エアロビックはじめダンス歴17年の経験を生かし4~90歳の運動指導に従事。女性のためのヘルシービューティをプロデュース。 2014年インターナショナルエアロビックチャンピオンシップ日本代表。 2015年学生エアロビック選手権優勝。 フィットネスウエアブランド「CLAP」ライダー。 複数のウェブメディアを立ち上げ13億円のメディア売却事業にも携わる。