社長以外全員フリーランス・平均年収1500万以上。話題の27歳経営者が語る「粗利第一」経営論とは

出社もなければ、定例会議もない。 会社の仲間は平均年収1500万円以上のフリーランス。
そのような会社が本当に存在しているのなら、誰しも興味を持つのではないでしょうか。

(インタビューアー編集長・鳥巣愛佳

StockSun株式会社代表取締役 株本祐己さん

StockSun株式会社代表取締役 株本祐己さん(@StockSun_ceo )
ドイツ・ハンブルク出身。桐朋高校、早稲田大学卒業。大学在学中に当時社員5人程のWEBベンチャー企業に入社し、新規事業のフランチャイズ系WEBメディアを立上げる。大手の総合系コンサルティングファームに転職。大手金融企業を顧客としたIT系、会計系のプロジェクトを経て、2017年7月にStockSun株式会社を創業。

「社長以外全員フリーランス」追求する働き方

ー「社長以外全員フリーランス」という働き方はとても面白いですね。
僕は会社員よりフリーランスの方が仕事に対してのマインドの面で優秀だと思っているんです。会社員は仕事を振られても基本的には給料が上がらないため実質的な時給は下がりますが、フリーランスだと案件を振ると稼ぎが増えるため喜んでくれます。

ー確かに、私もフリーランスなので必死に案件には食らいつきます(笑)仲間とのコミュニケーションはどのようにして取られているんですか?
必要な時だけミーティングって感じですね。そもそもオフィスもないですし。会議で決める内容なんて多くても2~3個じゃないですか。そういうことはチャットで済ませて、売り上げに直結する仕事に時間を割いたほうが効率はいい。

「会う回数は少ないですが、社長との距離はすごく近く感じます。」
と語るのは、StockSunメンバーの伊藤さん(@nonoco_929 
大手新聞社のWebメディア、出版社での勤務を経て独立。フリーのライター・ディレクターを務める。凄腕美人フリーランス。

面倒なことはやりたくない。粗利第一で仕事をする

ー定例会議も、オフィスも設けていないと話題になっていましたね。
定例会議や決まった時間に出社するのも、面倒だからやりたくないなと思っているだけなんです。他人に話したら予想以上に反響があったので驚いていますが、特別なことをしているというつもりもありませんでした。

ー面倒だからやらないと決断できるのはすごいですね。
定性でなく定量評価で判断しています。粗利が何よりも大事なので、それにつながらない仕事は排除していきたいですね。うちの会社はみんなの自己実現の場所だと思っています。だからここではなるべく効率よくお金を稼ぐことに集中してもらって、余った時間は自分のために使ってほしいのです。
だからその分、稼ぐことに集中してほしいんですよね。
株本さんが住んでいる新宿のラ・トゥールタワーマンション42階から見える景色。稼ぐことにコミットしたらこの景色が毎日見れるのだろうか…

ブログだけで数千万円規模の発注が次々に来る

ー株本さんのブログ、本当に面白いですよね。社長なのに振り切ったことが書いてあるので、なんだか親近感を覚えます。
失うものが何もないですからね(笑)この記事も面白く書いてくださいね。

ーはい!!頑張ります!!汗

【ASSIST編集長が勝手におすすめしたい記事】
【保存版】ベンチャー企業に新卒就職した結果。。(意識高い系の早稲田大学生の場合)

ーブログがきっかけで案件が来るとなると、やはり「発信力」は大きいのでしょうか。
失うものがないので、思ってたことをすべてブログに吐き出していたら反響がすごかったですね。 実際に粗利の半分のきっかけは、僕のブログ経由なのです。数千万円の発注がブログでいくつもきました。

ーそれはすごいですね。ブログに1日3~4時間しか働かないとあったのですが、他の時間は何しているのですか?
株本さん:寝るか、麻雀か、飲んでます。

ー本当に遊んでいらっしゃるんですね(笑)

独立のきっかけは「成り行き」

ー将来会社をこういう風に成長させたいというようなビジョンはありますか?
ありません。

なるようになると思っています(笑)

私は孫正義さんみたいに大物じゃないので、長期的な野望をかかげてもどうせ実現は無理なんです。目の前のことだけに向き合ってればいいや、と思ってます。

昔から、ある意味リアリストで、野望とか持つのが恥ずかしいと思っていた小物でした。高校時代、どうせ世の中大半の人が会社員になるんだから就職に有利で偏差値が低い早稲田大学スポーツ科学部に行くのが、一番コスパがいいな、と思ってました。

もともと起業するつもりなかったんですが、武田塾という大学受験塾の社長に 「株本さんは絶対起業した方が良い。50万円/月の稼ぎに満たなかったら武田塾が不足分を振り込む。」 と言われたので独立しました。 実際に独立したら予想以上に一気に案件が多くなったので知人に割り振っていくようになったという感じです。

ーものすごく思考がクリアですね。なんだかこちらまで爽快な気分になってきました。
こういう質問には、バシッと答えた方がかっこいいんでしょうけどね。申し訳ないです(笑)
追加しておくと、将来的には年収でなく資産を増やしていきたいので、投資やM&Aに着手したいとは考えてます。

「稼ぐことから逃げるな」ASSIST読者へ

ーうちのメディアのインタビューでは最後に20代に向けたメッセージを頂いています。最後にバシッと頂いてもよろしいでしょうか?
僕も20代ですけどね(笑)

「稼ぐことから逃げるな」と言いたいです。
僕は「この仕事、お金は稼げないんですが」と前置きする人、嫌いなんですよ。まるでお金を稼げる仕事を蹴ったみたいじゃないですか。

ーずしりと来ます。
特にフリーランスの方は基本的にみな受託業務ですよね。根本的に、受託業務にやり甲斐とか求めるのはナンセンス。結果だけ求めて、時給よく、なるだけ稼ぐことを考えてほしいです。お金と時間に余裕が出来たら初めて自己実現につながるから。そういった意味で優秀な人は弊社でとことん「勝ちグセ」を付けて行ってほしいですね。

ー株本さん、ありがとうございました!

株本さん twitter
StockSun株式会社
StockSun株式会社の代表ブログ
株本さんが運営しているYoutube番組「年収チャンネル

   

20ASSISTからのお知らせ

裏アシスト開催中!!

裏アシストとは、アシスト編集部・取材者・読者様が仕事について
ぶっちゃけトークをするコミュニケーションの場です。

The following two tabs change content below.
ASSIST編集長

ASSIST編集長

「20代ビジネスパーソンのリアルASSIST」新しい時代の働き方をテーマに、20代ビジネスパーソンの人生に刺激を与えていくようなコンテンツを配信。 次世代リーダー・仕事イケメン・キャリア美女・複業パラレルワークの4つのカテゴリに当てはまる、ビジネスパーソンのインタビューマガジンとしてHOTな記事を皆様にお届けしていきます。

ABOUTこの記事をかいた人

ASSIST編集長

「20代ビジネスパーソンのリアルASSIST」新しい時代の働き方をテーマに、20代ビジネスパーソンの人生に刺激を与えていくようなコンテンツを配信。 次世代リーダー・仕事イケメン・キャリア美女・複業パラレルワークの4つのカテゴリに当てはまる、ビジネスパーソンのインタビューマガジンとしてHOTな記事を皆様にお届けしていきます。